行って来ました

フランス映画祭2017
有楽町朝日ホール

10:30開演のため少々早い朝となりましたが
待ち合わせの時間を30分ほど勘違いしたため
さらにかなり早い朝時間となりました
おかげさまで、現地についてからの時間があまり
ひっさびさの銀座スケッチ

スケッチした後、有楽町マリオン11Fへ
少し早めに着いたのにチケット交換してくれるみたいで
『関係者』の受付へご案内いただきました
わたしたち、関係者になっていました
J-WAVEさんに感謝~感謝~
会場は満席でした!

座って開演まで待ちぼうけ

そして開演のご案内
のらりくらり列に並ぼうとするとなにやら入場者に配られていたハンドクリームは
先着順なくなり次第終了、あわてて並ぶ

手に入れた、えぇ香りしますわ~

映画はとても泣けました
切なくて、泣けるけれども南仏の風景が少し爽快な気持ちにもしてくれました
画面いっぱいに繰り広げられる絵になる景色

セザンヌは裕福な家庭で育ち
さぞかし、優雅な絵描き人生を送ったであろうと勝手に想像してました
ストーリーはセザンヌと小説家ゾラとの二人の友情を描く
心温まるような切なくなるヒューマンドラマ

死んでから名声を得ても、本人の知るところでない以上
嬉しくないだろうな~
これだけ世界中に認められるのであれば、生きてるうちがいいだろうな~

なんと最後に監督ダニエルトンプソンさんご本人がご登場

通訳を交えての会見
フランス語の響きが心地よかったです

ギヨーム・ガリエンヌ演じるポール・セザンヌ 描いてみた

最後にアンケートに記入
抽選で1名様にエールフランスエアチケットあたるらしい
まだまだキてるなら、当たるかな~と期待に胸をふくらます♪

ココ最近cafeスケッチが続いたので
今日1日塗って塗って塗りました

まずはカフェ畑 Renge(レンゲ)さん
日野市豊田にあります
気になって気になってやっとお邪魔できました

エントランスからステキな感じ
描いちゃうと、ランチを描く気力がなくなると困るのでよしておこう

ぐんぐんススムよ

着席、描くことを一番に考えてたら
厨房のまん前
ホール係りの方がかならず2人ほどたってたから
やりずらかっただろうな~ごめんなさいね~

本日のランチはスープにサラダに副菜にご飯にデザートまでついて900円也
ナッツとスパイスを使ったケーキは美味でした~

真正面から描かせていただきました
バレないように

そして、お次は国分寺にあるカフェといろいろ+びよりさん
日替わり店主制度で、毎日メニューが変わる

あれあれ友人のKizagisuさんじゃないの~
発見したのは、店主当日のopen1時間前
いけそうだな
やることすませて、出発

味もさる事ながら彩りもすばらしく絵になる
これを描いてみたかったし、食べてみたかった~
あわててでかけてよかった!の味でした

食べる前にさらさらと描いてみました

また、やるんじゃないでしょうかね~わかりませんが~
要チェックチェック、ですよ~

 

- Facebook -

 

- Twitter -