今日は、久しぶり小学校での読み聞かせ。

高学年に読み聞かせをする必要があるのかな?と、思ってしまうワテクシは
すんなり本を選べず当日の朝までNO準備。
しかも、寝坊までしてしまう始末。
そうだ!絵を使おう。自分の絵こそ、こういう時に利用しよう~

ただ7分間、絵だけをみせるのは間が持たない。

やはり読み聞かせ用の本も選び、猛ダッシュで学校へ。
ギリ到着。息を整える間もなく、読み始める。(マジ辛かった)

しかも選んだ本、意外と文字数多く読みながらびっくり;;
猛ダッシュによる酸欠状態からなんとか回復しつつ、早口で読み聞かせ笑

最後に、自分が最高に楽しめる趣味を持っていること、趣味を持つととてもいいこと、
楽しいことはなるべく若いうちに見つけること、などなど
えらそげなことをぬかしながら絵を披露させていただきました。

小5って、まだ純粋なんだね。
「おっぉ」とか、「行ったことある~」とか反応みせてくれました。

えがった~これが最後の読み聞かせ、、、かな

見たことも読んだこともない本を10秒ほどで選ぶ。よんでみるとなかなか面白かった。
ただ、文字数が多いので、猛ダッシュのあとは禁物です。

紙芝居形式で絵を披露してみた。

最後のオチも準備してみた。
息子がうまれて数日中に描いた絵を披露。
うけてた。
息子は超イヤな顔。
教室を出る時なんてにらまれちゃった~
帰宅後、しかられるかと思ったけど意外と普通で、よかった

 

- Facebook -

 

- Twitter -