日曜日は青梅へお墓参り
総勢約10名の集団墓参り
皆さんが故人を慕って集まり、わたしもその一人として参加しました

せっかく青梅にきたのだから、観光も兼ね國廣さんに青梅のまちをご案内いただきました
青梅の駅から西へ線路沿いを歩いていると、見たことあるような風景
・・・、!!一気に思い出がよみがえる
それは2008年9月のこと
当時わたしは、個展作品制作のため高級水彩紙ARCHES(アルシュ)をもって多摩地域をスケッチしまくっていました
そして初めて訪れた青梅の街でみつけたのはレトロでかわいい美容院
向かいは質屋で、またいい感じの建物
國廣さんが紹介してくれたその質屋さんこそまさに、当時地面に座り込んで描いた
風景の一部だったのです

となりのA賀さんに「わ、わ、わ、わたし、ずーーーーっと前にここで絵を描いたんですぅぅ~ぅぅ!ほら、ほら、あの美容院が、
いまは建て替わってきれいですけど前はレトロで素敵な建物でそれがめにとまって、ココでこぉやってコンクリの上に座り込んで
・・・・☆◇〇☆〇◇※〇☆・・」身振り手振り口ぶりでやや興奮状態での昔話
A賀さんも優しい方なので、「へーぇ、そぉなの!!すごいね」と興奮話にお付き合いくださいました
それにしても、本当に驚き
なんでもない住宅街、わたしだけのヒストリーなのでした
騒いでるうちに一行ははるか先へと歩き進むのでした

ふむふむと話を聞いてくれたA賀さん

右に少し写るのが現在の新しくなった美容院

良い感じの質屋さん
ここもちょこっと描いた

当時描いた作品
765×565 アルシュ

タイトル

その後、鎌倉の御霊神社を思わせるかのような神社に着く
人専用の踏切を渡り、急な階段をあがりいくつもの鳥居をくぐり参拝する

10年前、この景色を見つけられていたら描いてたかな~今度描きに来る!

急な階段を上がる
ひっくりかえったら大変

國廣さんが、説明してくださいました

その後駅界隈に戻り、いくつかご紹介いただきました

BUTLER(バトラー)
furniture&craft
オーダーメイド家具もOK。カッティングボードが欲しい~

そして、お墓へ向かう
お墓までの道のり、迷ってはいけないので参加者の皆様へオリジナルイラストマップをお配りさせていただきました
勝手に制作

青梅の街はこれからまたかわるだろうから、その時はまた制作しなきゃいけないかな~

今回、お参りに伺ったのは「多摩歩き」始まりの際にいろいろお世話になったから
昨年初めてのお参りができ、今回は2回目
やっと道覚えられたかな。地図は描いても方向感覚はいまいち

また来ます
多摩歩き頑張って続けます^^

お参りされた方皆さんそれぞれの思いがあるのだと思います
普段つながりのない人どうしがこうやって集まれる場所があるのはうれしい
ありがとうございます

そしてその後はお楽しみのランチ
はじめてきました井中居
なかなかのいいお値段、上質な異空間での会食となりました
あまりに、高級感というか慣れない空間にシーーーーーンとなる一同
それでもおいしいお酒がはいると、会話もはずむのでありました

周りは竹林
タケノコが顔だしていました

前菜
旬菜盛り
スゴイーー

百合根が餅に
食感がたまらんです

わらび胡麻豆腐旨出しゼリー・・

山女魚唐揚げ

隠れてM輪さんを描いてみる。

筍土佐煮椎茸ふき桜麩

筍おこわ竹皮蒸し
こんなお料理初めて

デザート
どの器も素敵でした

程よくお料理がでてくるので冷ますことなくお料理をいただきながら描けました

以上、青梅レポートでした^^

 

- Facebook -

 

- Twitter -